僧帽弁閉鎖不全症治療 患者さん向け

HOME

経皮的僧帽弁接合不全修復術

外科手術が必要で何らかの理由で手術を受けられない患者さんに向けた新しい治療法です。
僧帽弁の逆流を軽減することが目的であり、胸を切開する従来の外科手術よりも体にかかる負担が少ないため、
年齢や併存症のために、これまで手術を受けることが難しかった患者さんに対しても治療が可能となります。

外科手術と違って、経皮的僧帽弁接合不全修復術では開胸して、一時的に心臓を止める処置は行いません。
その代わりに医師はカテーテルといわれる細い管を使用して、静脈から心臓にアプローチします。
用いるデバイスは、僧帽弁に留置する小さなクリップです。
僧帽弁の接合不全をクリップにより治療することで通常の心臓の血流になるようにします。

術後の生活

薬物療法やリハビリを行い日常生活にもどられる方がほとんどです。
担当医師の指示を守り定期的に診察を受けることをお勧めします。
何か心配なことや変化があった場合すぐに担当医師に連絡してください。

手術の可否や効果の有無

心臓や弁尖の状態によっては手技ができない場合があります。
また、手術を行うことで完治するわけではありません。
状況によっては、僧帽弁閉鎖不全症が悪化してしまう可能性もあります。
十分に担当医師と話あってから手術に臨んでください。

APJSHW0012-JPN-Rev.1

BACK TO TOP